結婚指輪選びは自分にピッタリなデザインがお勧め|運命の指輪を選び

記事リスト

夫婦の証となるアイテム

男性と女性

満足できるものを選ぼう

結婚指輪の相場は、以前は月収の3か月分と言われていました。しかしこれは昔の話。ダイアモンドのブランドメーカーである某会社が販促活動のために考えたキャッチフレーズです。このご時勢多く買われている価格帯は10万円から20万円とのこと。バブル時代に比べれば現実的な価格かと思います。相場の変動はあれど、結婚指輪は女性の多くが憧れるアイテムではないでしょうか。自身が結婚指輪を購入したのは2年前になりますが、それまで入店することのなかったブランドショップに足を踏み入れ輝く結婚指輪の数々に目を奪われたことは忘れません。結婚指輪を購入するにあたって最も優先順位が高かったのはデザインです。夫婦で一生身につけるものですし、夫婦の証となるものなので自分も夫も満足したデザインを探しました。我が家は夫婦で同じブランドの異なるデザインを選びました。妻である私の結婚指輪のデザインは半周はシンプルなプラチナ、半周はダイヤが並ぶハーフエタニティにしました。立て爪ダイヤの婚約指輪と重ねづけすることを想定して、ダイヤをたくさん使うことにより華やかにしたかったこと、ハーフエタニティのデザインであれば慶事のときはダイヤの面を上に、弔事のときはダイヤが隠れるように下へつければTPOにあわせて使えると思ったからです。実際に結婚指輪を毎日着用して2年になりますが、婚約指輪との相性もよく友人にも褒められ、大変気に入っています。一方、夫の結婚指輪は至ってシンプルなもですが、太さにこだわりを持っていました。今まで日常的に指輪をつけていない人でしたので、あまり太めのデザインだと存在感が気になってしっくりこないとのこと。指の形や手の全体の雰囲気を見て細めのデザインを選びました。結婚指輪には様々なデザインがあり、王道のものから個性的なもの、石付きなどありますが、自分とパートナーが満足いくまで試着を重ね、一生の宝物と出会えますように。